集客

ダンススクールの生徒が集まらない!集客したければ弱みを強みに変よう!!

img_7654

どうも!ダンス講師 兼 ブロガーの川鍋裕輔です。

ダンススクールで先生をやることになったが全然、生徒が集まらない。

スタジオは駅から遠いし、わかりずらい場所にある。

レッスンの時間帯もよくない。

ちょっと行けば有名な講師がレッスンをしているスタジオもある。

生徒が集まらない理由をあげようと思えばいくらでも出てきます。

しかし!そんなことを言っていたって、レッスンを受けに来てくれる人は増えません。

では、どうすればいいのか!?

ダンススクールの集客につながる自分の強みを見つけよう!

ダンスの先生が持っている強みで1番多いのは、なんていっても経歴。

大会での入賞歴やテレビ出演など。これを売りにしている人が圧倒的に多い。

そんな経歴ないしって方は、Googleのほうで【エキストラ 募集】などのキーワードで検索すれば、たくさんの募集ページが出てきますので、それを利用して経歴を作ってみてはいかがでしょうか。

そんなの経歴にしていいの!?ってお思いになるかもしれませんが、実際そうゆうのを経歴として使っている方もいます。

そうゆうの嫌だなって!?わがままなんだから(--)じゃあ、こうゆうのはどうでしょうか!

スポンサーリンク


弱みを強みに変えてダンススクールの生徒を集めよう!

今回の記事のタイトルにもなっている、弱みを強みに変える。

生徒が集まらない理由なら、バンバン出て来るという先生は自分の弱みもバンバン出て来るはずです。それを強みに変えて集客に繋げちゃいましょう。

例えば僕の場合なんですが僕自身も上で書いたような大会の入賞歴やテレビ出演などの経歴はありません。

自身がプレイヤーとなって活動したことすらないです。

先生を頼まれたばかりの頃は、そうゆう経歴がないからと周りと比べ劣等感を持っていましたが、あるとき、これってレッスンを受けに来てくれている生徒さんにとってはプラスになることもあるんじゃないかなと思うようになったんです。

どうゆうことかというと。

経歴が豊富な先生は確かにダンスがうまくて魅力的です。しかし、プレイヤーとして活躍をしている先生はお休みが多いんです。

ダンス講師のお仕事はサイドビジネスなんですね。

大会やイベント、テレビのお仕事があれば基本的には、そちらを優先します。

僕のようなプレイヤーとして活動をしていない先生の場合は、どうでしょうか。

ほかに優先する、お仕事がないのでレッスンをお休みすることがないんです。

これは習いに来る生徒さんにとってはいいことですよね。

芸能活動などで代行、休講がない先生。弱みだと思っていたものが強みになりました。

まとめ!誰だって集客につながる強みを持っている!

考え方次第!

こうだから集まらないを、こうだから集まるに変えていきましょう(^^)

あとは、どう上手く宣伝すのか。

ダンススクールやカルチャー教室でレッスンをやられている同業者の皆さん一緒にがんばりましょう。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


人気ブログランキング
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

川鍋裕輔

ダンス講師・ブロガー【経歴】月謝製のレッスンで、ひとクラス最高40人集客▶︎ダンススタジオグレア責任者▶︎総合格闘技クールチャンプチーフインストラクター▶︎フィットネスクラブスポフレ21インストラクター育成担当●集客・ダンススタジオのプロデュースが得意です

-集客

© 2022 人前で踊るのが苦手なダンス講師の日記♪ Powered by AFFINGER5