スポンサーリンク

ダンス

ダンス発表会やコンテスト用の曲編集ならお任せください【料金プラン多数ご用意/800曲を超える実績あり】

ダンス発表会 コンテスト用 曲編集 音編集
川鍋裕輔
どうも!ダンス講師 兼 ブロガーの川鍋裕輔です。

ダンス、チア、バレエ、新体操、文化祭、様々な発表会、イベント、コンテスト、大会用の曲編集を1曲3,980円から制作致します。

この記事を書いている僕はダンス講師歴が約20年。

様々なダンス発表会、コンテストで使用する音源を編集してきました。

そして、ダンスコンテストではプロデュースするソロ、チーム含め数々の入賞歴を持っているので曲編集の腕の信頼性に繋がると思います。

主な入賞歴

  • GRANDSOUL Dcategory 優勝
  • ダンスコンテストODC 優勝
  • RAN UP!!準優勝
  • TOP OF THE DANCE 3位

など。

この記事では、発表会やコンテストで使用する曲について※PAさんや主催者、他の先生たちから指摘された「実体験」を元に、

  • 業者に曲編集をするときの依頼の仕方
  • この記事から依頼した時の値段表

上記2点について書いていきます。

もし、あなたが「曲編集をどんな風に業者さんに依頼すればいいのか悩んでいる...」というなら、これを読めば、スムーズに曲編集を依頼することができるようになるはずです。

気軽にさくっとお読みください。

PAとは

イベント会場でマイク、スピーカー、ミキサーを調整してる人をPAさんと呼びます。

パブリック・アドレスを約してPA。

ダンス発表会やコンテスト用の曲編集ならお任せください【料金プラン多数ご用意/800曲を超える実績あり】

ダンス発表会 コンテスト 曲編集 音編集

曲編集を依頼する時の頼み方

曲編集をしたことがない人はどのように依頼していいのかわからないですよね。

気をつけてほしいことは下記のとおり。

気をつけてほしい2つのこと

  • どのように編集してもらいたいのか細く伝える
  • 分数を伝え方

順に説明していきます。

どのように曲編集してもらいたいのか業者に細く伝える

お任せしますは基本NG

開始何秒のところで切って開始何秒のところに繋げてくださいと詳しく伝えましょう。

依頼する前に、なんとなく頭の中で編集してもらう音をイメージして、こことここなら綺麗に繋がりそうだなってところを見つけて依頼するようにするとスムーズに行きます。

よくない依頼の仕方

  • カッコいい感じでお願いします。
  • 何分何秒以内にしてくれれば、なんでもいいんで。

上記のような依頼の仕方だと業者さんも困ってしまいます。

頭の中でイメージか。
先輩
川鍋裕輔
はい。頭の中で難しいようであれば鼻歌などして自分で繋ぎを確認してみるといいですよ。

曲編集を業者さんに依頼する時の分数の伝え方

何分何秒以内でお願いします

コンテストの制限時間が3:00なら頭の中でイメージしている編集内容を伝えて「3分以内でお願いします」って依頼すると業者さんがいい感じに編集してくれるはずです。

よくない伝え方

  • 何分何秒で絶対にお願いします。
  • 何分以上でお願いします。

上記のような依頼の仕方だと変なところで終わってしまったり業者さんがどうしていいかわからなくなってしまいます。

川鍋裕輔
これは過去に僕が経験したことで「何分何秒でお願いします」と依頼したところブチっ!って中途半端なところで切られた音が届いてしまったことがあったんです。
曲編集する業者さんも違和感はあったんだろうけど依頼通りにやらないとってことで、そうなっちゃったんだろうな。
先輩
川鍋裕輔
なので、曲の終わりをしっかりと伝えることも大切です。

ダンス発表会やコンテストで使用する曲編集の料金について

曲編集の料金

相場は1,000円から7,000円ほどになります。

このサイトから依頼していただけると下記のとおり。

曲の分数 基本料金
1:30以内 3,980円
3:00以内 4,980円
5:00以内 5,300円
10:00以内 5,600円

基本料金で出来ることとその他の料金

■カット、繋ぎで1回として、それを5回まで。それ以上は1箇所につき+500円

■音源をファイルではなくCDでもらいたいという場合は1枚につき+500円(全国送料込み)

■気に入らない場合の修正2回まで無料 3回目以降は1回につき+1,000円

■音源をこちらで用意する場合、その曲を購入した費用が+加算されます。iTunesであれば1曲200円から255円ほど。

■通常7〜10日ほどでお届けします。

■お支払いはPayPal、振り込みのどちらかになります。

曲編集を依頼したことがなくてよくわからないという方は相談しながら編集させていただきます。

曲編集してもらう業者の選び方と料金に関する注意について

料金が安すぎる業者は注意

曲編集をしてもらう業者を選ぶ時に気をつけてほしいことは下記のとおり。

気をつけてほしい3つのこと

  • 曲編集を直してもらうことは可能か?
  • CD-R
  • YouTube音源

順に解説していきます。

業者に曲編集の修正は追加料金なしで対応してくれるのか確認しましょう

イメージと違う編集

イメージしていた編集の仕方と違う物が届いてしまうこともあります。

そうなった時に追加料金なしで作り直してくれるのか確認をしておきましょう。

修正なしや1回目から追加料金をいただくところは避けるようにしましょう。

基本的には無料で修正してくれるってところが多いのか?
先輩
川鍋裕輔
多いのは2回〜3回までは無料で修正しますってところですかね。

CD-Rで受け取る場合の注意点

CD-Rのメーカーに注意

CD-Rによっては読み込まないこともあるのでCD-Rで商品を受け取る場合は業者さんにどこのメーカーの物で送られてくれるのかを確認しましょう。

最悪、本番で音が流れないなんてことになりかねません。

ダンスコンテストKING OF PEEPSの主催者でもあり、たくさんのダンスコンテストのPAを務める、たろぅさんはこのように言っています。

実際、イベントでCDが読み込まれないなんてことあるのか?
先輩
川鍋裕輔
ありますね。僕が見た中で1番かわいそうだったのはCDが読み込まなくてスマホで動画撮影した物をマイクで音拾って本番踊っている子達を見たことがあります。

YouTube音源を使用して曲編集の料金を安くしているなんてことも

YouTube音源に注意

曲編集する料金が安く。使用する曲を足しても基本料金のままで業者の方で用意しますよという場合は気をつけましょう。

YouTubeなどの動画サイトや違法サイトからダウンロードしているかもしれません。

違法行為はよくないな。
先輩
川鍋裕輔
はい。それと市販されているCDや音源ファイルとYouTubeの音とでは質が全然違い、審査員にバレます。審査に影響は出ないかもしれませんが、そうゆう違法行為を嫌う人もいるので気をつけた方がいいと思います。審査員の人は業者がやったとかわかりませんからね。

まとめ

今回の記事は、ダンス発表会やコンテストで使用する曲編集を業者に依頼する時に気をつけてほしいことや注意点について解説しました。

曲編集というのは、ダンスに限らず、チア、バレエ、新体操、文化祭、様々な発表会で必要なものになって来ます。

これから曲編集を業者に依頼しようと考えている人から、今まで頼んできたけど、スムーズに行かなかった人まで、この記事を読んで素晴らしい音を手に入れて最高の思い出を作ってくれたら嬉しく思います。

業者選びを失敗すると、自身も大変な思いをしますし、PAさんに迷惑をかけたり、コンテストなどの大会に出場する場合は審査員の方達からの印象が悪くなってしまうこともあるので気をつけてください。

川鍋裕輔
このサイトから曲編集を依頼する場合は、わたくしが素晴らしい作品になるように心を込めて作らせていただきます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ダンス

Copyright© 人前で踊るのが苦手なダンス講師の日記♪ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.